無礼な対応はNG!チャットレディとの接し方

エロチャットでのご法度行為

エロチャットを利用する際に把握してほしい点があります。それは女性(チャットレディ)も、あなたと同じ人間だということ。
そのためチャットレディが傷つくような言葉をわざと投げかけたり、自己中発言をしてわざと困らせたりするのはやめましょう。
チャットレディは自分の目標のためにお金を稼ぎたいと思っている方や、純粋に男性とエッチなことを楽しみたいと思っている女性もいます。
どう遊ぶかは皆自由にやっているため、自分の押し付けがましい要求をしてしまうのは嫌われてしまうのです。
ここではチャットレディと接するうえでの、NG例を紹介していきます。

無挨拶・無退出は傷つきます!

エロチャットでやってしまいがちなのが、無挨拶・無退出です。
無挨拶とは、チャットが始まってから挨拶もなしに「脱いで」といきなりチャットレディに無理なお願いをすること。
初心者チャットレディはもちろんのこと、ベテランでさえもNGとしている行為なのです。

また無退出とは、チャットしている途中で急に落ちたり2ショット中にいきなりチャットを切断したりするといった行為。
チャットレディも人間なので、無退出はかなり傷つきます。
そのため、チャットをしている時に、どうしても切らないといけない場合は一声詫びを入れてから退出しましょう。
「もう行かなきゃ!ごめんね」と言うのと、言わないとではかなり印象が違います。

強制的な言い方はブロックされる可能性大

エロチャットをしている男性の中には、自己中心的で強制的な言い方をする人がいます。
チャットレディがマゾヒストなら問題がないケースもありますが、それはお互いの信頼関係があるからこそ。
そのため初めて喋る女性にいきなり「脱げ」「胸見せろ」といった発言を繰り返していると、ブロックされる可能性があります。
エロチャットで女性とやりとりをする際、男性側は文字でのやりとりがほとんど。女性は肉声でチャットしていますが、男性は文字で会話をするのです。
そのため文字だけではそっけなく感じたり、より怖く感じたりしてしまいます。
エロチャットでチャットレディと会話をする際には、紳士的なメッセージを送信して女性の心を掴みましょう。

変顔要求はダメ

エロチャットを利用している男性の中には、女性にエロではなく面白さを要求する人もいます。
特に変顔を要求する人がいて、困惑してしまう女性が多数いるのです。女性の困っている仕草を見たいと思っている男性もいますが、チャットレディからすると逆効果。
「イヤなのにしつこい」「なんで変顔?」と感じてしまいます。
エロではなく、ノリを求めるなら2人だけのトークルームの時だけか信頼関係を築けた後にしましょう。